ぱっと見テクニカルの検証・評価・使い方

ぱっと見テクニカルの使い方、攻略法、見方

FX初心者でもたった1クリックでテクニカル分析ができてしまう
FXプライム byGMO「ぱっと見テクニカル」。

 

・テクニカル分析ができればもっと利益が上がるのに・・・
・チャートの読み方がわからない
・これから上がるのか、下がるのかを簡単に知りたい

 

そんな方にはかなり便利なツールです♪
しかも無料☆

 

たしかに・・・形状比較分析だけで十分将来のテクニカル分析ができてしまうし、
3種類あることで、「どれを使っていいのかわからない」という声もありました。

 

初心者さんにとっては、ツールが1つにしぼられたことで、迷うことなくできるように♪
初めてぱっと見テクニカルをお使いになられる方に、私の使い方をご紹介しますね^^

ぱっと見テクニカル【形状比較分析】について


最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、
現在のチャートと形状が似ている時期を瞬時に探しだして、
「過去の値動き」を参考にして「将来の値動き」を予測してくれます。

 

プロの世界でも活用されているチャート分析方法が、
はじめての方でもクリック一つで簡単に使えます!

 

⇒これからトレードする通貨がこれから上がるのか下がるのか、
「一致率○%」と具体的な数字で出てきます。
一致率90%以上でしたら、まちがいなくその方向で注文しています^^

 

この形状比較分析を、プロの方をはじめ、投資をされている方が必ず見るという理由ですが、

 

これからトレードする通貨ペアの将来の動きを、
過去のデータにそって、数クリックで自動予測してくれるから

 

です☆

 

>>>1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」 詳細はこちら

ぱっと見テクニカル 形状比較分析の使い方

1.口座開設をし、ログインした後、『選べる外貨』の「取引画面」というところをクリックします。

 

2.画面右上にある「マーケット情報」というアイコンをクリックします。

 

3.右の項目の「チャート・テクニカル分析」の上から2盤目「ぱっと見テクニカル」をクリックします。

 

4.これからトレードしたい通貨ペア、時間足など自由に選んでクリックしますと、
将来の通貨の動きを予測してくれます。

 

ここまで約1〜2分(笑)
トレード前に見るようにすると、「これからどうなるんだろう」って迷っていても、
方向性がつかめるだけでも、かなり利益を出せる確率が高まります。

 

ぱっと見テクニカルの時間足の使い方、見方

ここでは豪ドル円で見ています。
☆これから経済指標があるとき⇒スキャルピングかデイトレ⇒5分足、10分足を見る
☆レンジ相場が続いていて、いまいち動きがなさそうなとき
2日〜1週間の短期スイング⇒1時間足、2時間足を見る

 

形状比較の一致率が90%以上でしたら、確実に「買い」で注文します。
逆に、形状比較の一致率が40%でしたら、時間足を変えます。

 

【15分足】 (1目盛2時間)

一致率82%でいまいち動きがない⇒スキャルピングではトレードしません

 

【1時間足】 (1目盛8時間)

一致率97%で山なりになっている⇒数時間内には一時的に上がるので、
デイトレで今のレートから近い値で小さい値幅で注文します。

 

【2時間足】 (1目盛8時間)

一致率98%で、上がっています。
下の図の場合、4/1 朝8時に97.03で、数日後は98円に上がっていますので、
次の日にまた様子を見るか、97.50⇒98.00あたりでIFDかIFO注文しておきます。

 

基本的に、「なんとなくわからないな〜」と思ったら、
様子を見て無理にはトレードしないようにしています。

 

ぱっと見テクニカルをトレードする前に確認すると、気持ち的にとても安心します^^
FXプライム byGMOが過去のデータをすべて照らし合わせて出しているデータですので、
これでまちがってても仕方なし(笑)
私が分析するよりもはるかに正確ですし^^

 

あくまでこれは利益を上げるためのお助けツールですので過信は禁物ですが、
すごく勉強にもなりますよ!

 

このぱっと見テクニカルはFXプライム byGMOに口座を持っていないとみられない独自のサービスですので、これを見るためだけに口座をお持ちの方もすごく多いみたいです。
内容もかなり価値がありますので、ぜひご覧になってみてくださいね^^

 

●くわしくはこちら⇒FXプライム byGMO「ぱっと見テクニカル」