スプレッド(手数料)が安いFX会社

スプレッドが安いFX会社

FXの手数料は「取引手数料」と「スプレッド」の2つがあります。
取引手数料はどこのFX会社も現在はほとんどの会社が無料ですので、
スプレッドが少しでも安いFX会社で取引することで、多くの利益につながります。
スキャルピングやデイトレードなど、1日に何度も取引をする場合は
スプレッドの少しの差でも積み重ねると大きな金額になるため、
より安いスプレッドのFX会社を選ぶとオトクです。

 

◆スプレッドとは?◆
スプレッドとは「売値(BID)」と「買値(ASK)」の差のことを言います。
たとえば、米ドル円を取引するときに「100.50-100.51」となっている場合は、
スプレッドは1銭(0.01円)になります。

 

FX会社

売買手数料

米ドル円

ユーロ円

ポンド円

豪ドル円

NZドル円

詳細

SBIFXトレード

無料

(1通貨単位も無料)

 

0.27銭

原則固定

 

0.39銭

原則固定

 

0.89銭

原則固定

 

0.59銭

原則固定

 

0.99銭

原則固定

 

 

セントラル短資FX

無料

(1000通貨単位も無料)

 

0.43銭

原則固定

 

0.29銭

原則固定

 

0.72銭

原則固定

 

0.65銭

原則固定

 

取扱なし

GMO

クリック
証券

 

無料

 

0.3銭

原則固定

 

0.5銭

原則固定

 

1.0銭

原則固定

 

0.7銭

原則固定

 

1.2銭

原則固定

DMMFX

無料

0.3銭

原則固定

0.5銭

原則固定

1.0銭

原則固定

0.7銭

原則固定

1.2銭

原則固定

マネーパートナーズ

無料

(100通貨単位も無料)

0.3銭

原則固定

0.4銭

原則固定

0.9銭

原則固定

0.6銭

原則固定

1.0銭

原則固定

ヒロセ

通商

無料

(1000通貨単位も無料)

 

0.3銭

原則固定

 

0.5銭

原則固定

 

1.3銭

原則固定

 

0.7銭

原則固定

 

1.0銭

原則固定

FX

プライム
byGMO

無料

(1000通貨単位は30円、100万通貨超は50円)

 

 

0.6銭

原則固定

 

 

1.3銭

原則固定

 

 

1.8銭

原則固定

 

 

1.3銭

原則固定

 

 

2.0銭

原則固定

(2017年10月現在) 
※赤字が各通貨FX会社の中で現時点で一番安いスプレッドになります。
※売買手数料は1万通貨単位です。